スタッフブログ

2022-03-28橋本

最近の事

先日、ゼレンスキー大統領が日本に対して演説されました。

チェルノブイリの話をするが福島とは言わない
核兵器の話をするが広島、長崎とは言わない
サリンの話をするが地下鉄とは言わない。

彼が優秀なのか脚本が秀逸なのか。
日本人の国民性を理解し、配慮を重ねた演説と感じました。
(日本在住ウクライナ人政治評論家、ナザレンコ・アンドリー氏の日本語訳を読んだ感想です)
岸田総理から1億ドルの追加支援を獲得されたようですので、最大限にご活用ください。

武力によってウクライナの現状を変化させたロシアは100%悪です。
ロシア側にどんな正義があろうとも、どんな歴史的背景があろうとも、1ミリも関係ありません。

大東亜戦争末期、日ソ中立条約を一方的に破棄し、樺太、千島列島では武装解除した日本人への虐殺と婦女暴行が横行し、満州では降伏した60万人もの日本人がシベリアへ抑留後、過酷な強制労働により多くが死亡しました。
明らかな戦時国際法違反です。

今のロシアの行動を見たら、この時代と何ら変わりません。
この事だけみてもウクライナがなぜロシアの条件に応じないのかは明らかです。

そして、平和とは核の抑止力なくして守れない事が世界の共通認識となりました。
護憲派の皆様、そろそろ黙っててください。
思想だけでは平和を維持する事は不可能です。

私は、世界で唯一、日本だけが、核の抑止力を有する権利がある国だと考えます。
なぜこの日本が、核を2発落とされたこの日本が、再び他国の核の脅威に怯えなければならないのでしょうか。

しかしこのタイミングで岸田総理とは・・最悪やん、、、と感じる最近でした。
< ブログ一覧へ戻る

各種お問い合わせについて

インテリジェントレーベルでは、
開発や制作などのご相談の他にも、
様々なお問い合わせにお答えしております。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせ

tel.092-833-6633

平日10:00〜18:00