スタッフブログ

2021-09-28高西

秋の味覚

みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

最近はすっかり朝晩は過ごしやすくなり、夏の終わりを感じますね。


秋と言えば、「食欲の秋」

5年ぶりに日本で過ごす秋なんですが、

コンビニやスーパーで見る秋の味覚にワクワクする毎日!

という事で、2020年更新の秋の味覚ランキングをご紹介したいと思います。


2020年、じゃらんニュースさんが1102名の20代〜30代の男女を対象とした

「好きな秋の味覚」をアンケートを実施し、下記「秋の味覚ランキング」を発表しました!


1位 さつまいも

2位 梨

3位 かぼちゃ

4位 栗

5位 ぶどう

6位 さんま

7位 松茸

8位 柿

9位 きのこ(松茸以外)

10位 なす


個人的には、夏野菜のなすが入っているのが意外でした。

あとは納得の顔ぶれといった感じですね。

今年はまだランキング内の5つしか食べていないので、ランキング制覇を目指していきたいと思います。




ここで、秋の味覚豆知識をいくつかご紹介したいと思います。


1.ブドウの中で最も甘みが強いのは、上(枝に近い方)の部分。


枝に近い方の実から熟していくため、上の実の方が甘くなっています。


そのためブドウを食べる際は、上の方にある実を後に食べるとより甘みを楽しめるようになります。




2.買って来た梨の食べ頃は、買ってすぐ。


果物によってはバナナなどのように、収穫後の実でも暫く置いておくことで甘さが増すものがあります。


これを「追熟」と言いますが、梨は追熟をしない果物であるため待っていたところで甘みが増すことはありません。


そのため、梨は買って来たその時点で既に食べ頃であると言えます。

 



3.サツマイモを皮ごと食べるとそのオナラを抑える効果がある。


サツマイモには多くの食物繊維が含まれ、この食物繊維を分解するときにガスが発生します。


サツマイモの皮には、消化を助けるヤラピンが含まれているため、一緒に食べるとオナラの量が減ると考えられています。




みなさんは、上記の豆知識ご存じでしたか?

私は全て初めて聞くものばかりで、今年の秋はいつもより秋の味覚をより楽しめる気がします。


それでは、季節の変わり目は体調を崩しやすいので

皆さんお体に気を付けてお過ごしください。


高西


< ブログ一覧へ戻る

各種お問い合わせについて

インテリジェントレーベルでは、
開発や制作などのご相談の他にも、
様々なお問い合わせにお答えしております。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせ

tel.092-833-6633

平日10:00〜18:00