1万4000人が投票!好きなお菓子ベスト30-インテリジェントレーベル

インテリジェントレーベルのスタッフブログ

インテリジェントレーベルのスタッフブログ

1万4000人が投票!好きなお菓子ベスト30 

2020-07-28(火)松村

皆さん、こんにちは。

先日、TV番組でお菓子総選挙が行われていました。

私が子供の時から食べていたお菓子と言ったら、

カルビーのかっぱえびせんです。

 

何位に入っているかと気になって見ていたのですが、

そこで「かっぱえびせん」について色んなことを知りました。

 

かっぱえびせんは、1964年の東京オリンピックの年に誕生。

なんと半世紀以上食べられているんですね~。

 

かっぱえびせんの名前の由来は、

当時大流行していた漫画「かっぱ天国」から「かっぱ」が使われたそうです。

※元の名前は「かっぱあられ」だったんですって。

 

やめられない、とまらない~のキャッチフレーズでお馴染みのえびの風味とサクサク食感には、

カルビー創業者の想いが込められていました。

 

かっぱえびせんが開発された当時は、戦後の食糧難による栄養不足が続いていた時代です。

当時の子供たちにとって栄養失調が深刻な問題となっていました。

そこで、お菓子でカルシウムや栄養がとれて健康になれるようにとの思いを込めて作られました。

かっぱえびせんにはカルシウムが含まれていて、100gあたりの含有量は牛乳の約1.5倍(154mg)もあるんですよ。

 

さらに衝撃なのですが、カルビーの社名の由来をご存じですか?

カルシウム+ビタミンB1

を合わせてつけられた造語だったんです

社名には創業者の想いが込められていたんですね~。


話は変わりましたが、かっぱえびせんは14位に入っておりました。

気のせいかもしれませんが私の骨や歯が元気なのは、かっぱえびせんのおかげかもしれません。

一覧へ戻る

サービスラインナップ

  • ■ロゴ制作
  • ■WEBデザイン
  • ■コーディング
  • ■レスポンシブデザイン
  • ■スマートフォンサイト制作
  • ■コピーライティング
  • ■写真撮影
  • ■FLASH制作
  • ■検索エンジン対策(SEO)
  • ■逆SEO対策
  • ■インターネット広告サポート
  • ■ホームページ保守管理
  • ■アクセス分析
  • ■セキュリティ診断
  • ■サーバー設置
  • ■ワードプレス
  • ■ムーバブルタイプ
  • ■オリジナルシステム開発
  • ■ASPシステム開発
  • ■オリジナル買物カゴシステム
  • ■楽天サイト構築
  • ■アマゾン出品
  • ■YAHOOストア構築
  • ■ショップサーブ構築

pagetop