ECサイトの販促カレンダー作っていますか?-インテリジェントレーベル

インテリジェントレーベルのスタッフブログ

インテリジェントレーベル公式スタッフブログ- Official Staff Blog -

インテリジェントレーベルのスタッフブログ

ECサイトの販促カレンダー作っていますか? 

2018-12-26(水)

今年も残すところわずかとなりました。
12月はお歳暮、クリスマス、お正月…12月は色々なイベントが目白押しで、
ECサイトを運営されている方は今まさに大忙しではないでしょうか。


ECサイトでモノを売れるのは大きなイベント時だけではないのをご存知ですか?

自社サイトに合ったイベントを整理して、販促カレンダーを作ってみましょう。


■シーズンイベント

クリスマスやバレンタインデー、母の日など、毎年の大きなイベント時には特集やセールが組みやすいです。
パッケージを変えたり、利用イメージを訴求して、購買意欲を向上させることができます。

世間の多くの人が注目するイベントなので、SNSのハッシュタグをつけて宣伝するのも効果的です。



■大型連休やその年のイベント

2019年であれば、天皇即位に伴い5月のGWが10連休になる方もいます。
お金を使いやすい連休に合わせた販促を行ってみてはいかがでしょうか。

また、最近大きくなりつつあるのは、12月のブラックフライデーです。
アメリカで毎年11月第4木曜日に行われる感謝祭の翌日の金曜日のことです。
これまではあまり注目されていませんでしたが、中国やアメリカでは大きな商戦日となっていることから、
日本でもメジャーになりつつあります。

また、メジャーになったと言えば、ハロウィーンや恵方巻が定着したように、
最近では春のイースターも成長しているイベントです。



■お店独自のイベント

創業祭や店長誕生日イベント、毎月○日はポイント△倍など、お店独自のイベントもおすすめです。
検索などは増えにくいですが、DMや広告、SNSで宣伝することで、競合とは時期が被らずに販促することができます。

メルマガや会員情報を取得しておき、年間を通してお誕生日クーポンを配布することもできます。



■何もない日でもだいたい「○○の日」

よくニュースなどでも「△月×日、今日は○○の日です」と言っているように、
特にイベントがない日でも、何かしらにちなんだものがありあす。

その中からお店や商品に関係しそうな日を選んで、何もない日でもキャンペーン企画を立ててみましょう。
「○○の日」はツイッターでトレンドになる事もあるのでチェックして見ると良いでしょう。

例)
1/11 麺の日
3/27 さくらの日
4/4 あんぱんの日
4/13 喫茶店の日
6/1 写真の日


いかがでしたでしょうか。
大きなイベントがなくても、モノを売るチャンスというのは工夫次第でいくらでも作れます。

もちろん、「この時期にこのイベントをやってみたが当たらなかった…」という場合もあるでしょう。
そんなときは、宣伝方法や企画内容の何が悪かったのかを考え、次年度に活かしていくことが大切です。
販促カレンダーを作ることで、前年はどんなことをしたのかの記録もわかります。

弊社でもECサイトのコンサルを行っていますので、
もし気になる部分がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

一覧へ戻る

サービスラインナップ

  • ■ロゴ制作
  • ■WEBデザイン
  • ■コーディング
  • ■レスポンシブデザイン
  • ■スマートフォンサイト制作
  • ■コピーライティング
  • ■写真撮影
  • ■FLASH制作
  • ■検索エンジン対策(SEO)
  • ■逆SEO対策
  • ■インターネット広告サポート
  • ■ホームページ保守管理
  • ■アクセス分析
  • ■セキュリティ診断
  • ■サーバー設置
  • ■ワードプレス
  • ■ムーバブルタイプ
  • ■オリジナルシステム開発
  • ■ASPシステム開発
  • ■オリジナル買物カゴシステム
  • ■楽天サイト構築
  • ■アマゾン出品
  • ■YAHOOストア構築
  • ■ショップサーブ構築

pagetop