ネット通販 自社サイトとモールについて-インテリジェントレーベル

インテリジェントレーベルのスタッフブログ

インテリジェントレーベル公式スタッフブログ- Official Staff Blog -

インテリジェントレーベルのスタッフブログ

ネット通販 自社サイトとモールについて 

2018-10-05(金)

BtoC事業をされている企業様の中には
「うちもネットで通販をしたい」と思っている方も多いのではないでしょうか。

ネット通販(以下、EC)は、大きく分けて3つの出店方法があります。


①自社サイトを制作して販売する方法
②楽天市場やYahoo!ショッピングなどのECモールに出店する方法
③メルカリやジモティーなどの個人売買ツールで商品を出品する方法


企業でモノを売る場合、ほとんどが①か②になると思いますので、
今回はこの2パターンについて詳しく見ていきます。



■そもそもECの現状はどうなっている?






スマートフォンの普及も手伝い、ECの市場希望は右肩上がりの状態です。
世界的な動きを見ても、ECは今後も拡大していくものと予想されます。



■ECサイトそれぞれの特徴


①自社サイトを制作


【メリット】

・ブランドや商品のプロモーションが自由にできる

自社サイトでは、LPやページを独自に作って、広告配信やメルマガ訴求などを行うことが出来ます。
ECモールの場合は、ページの各箇所に他店舗への誘導が入ってしまったり、メルマガに配信制限があったりしますが、自社サイトでは、完全に独自施策を打つことが出来ます。


・ランニングコストが安い

自社サイトでは、カート機能のASPや決済機能の契約が必要ですが、
ECモールの店舗利用料に比べてランニングコストが安く済む傾向にあります。
商品が売れた際の販売手数料も必要ありません。



【デメリット】

・集客力が弱い

モールと違い、ブランドや商品を知らない人はなかなかサイトにたどり着いてくれないため、広告等を使って認知してもらう必要があります。
商品ページやコラムなどを使って、SEO対策も進めていくのが良いでしょう。



②ECモールに出店

【メリット】

・集客力がある
モールはたくさんの店舗、商品を入り口にして多くのユーザが集まるため、自社の事を知らないユーザーにも比較的商品を見つけてもらいやすくなります。
モールが開催するキャンペーンに乗っかることで、自店舗の認知も広げやすくなります。


・必要な機能一式が揃っている
配送サービスは独自で契約が必要な場合がほとんどですが、その他のメール機能や決済システム、広告配信機能など、売るために必要な機能がデフォルトでついています。
また、開店までにモールの担当者がサポートについてくれるため、比較的簡単に開店準備を行うことが出来ます。



【デメリット】

・コストがかかる

モールでは、定期的な出店料や販売手数料が発生します。
また、モールのキャンペーンに参加するために、ポイント付与や割引の負担をしなくてはいけないことがあります。



このように、自社サイト、モールどちらにしてもメリット・デメリットがあります。

もちろん、両方出店している企業も多くありますので、
上記を踏まえ、自社の体力や予算を考慮して検討されることをおすすめ致します。


■最後に…

以前もこちらのブログで弊社スタッフが書いていたのですが、
ECサイトを立ち上げただけでは、勝手にお客さんが寄ってきたり、売り上げが伸びるという事はほぼありません。

実店舗と同じように、接客フローを考えたり、キャンペーン企画を打ったりと体力が必要です。

弊社では、多くのECサイトをサポートさせて頂いておりますので、
もし、今後ECサイトを検討されている企業様がいらっしゃいましたら、
是非「一緒に」売り上げUPを目指して参りましょう!


一覧へ戻る

サービスラインナップ

  • ■ロゴ制作
  • ■WEBデザイン
  • ■コーディング
  • ■レスポンシブデザイン
  • ■スマートフォンサイト制作
  • ■コピーライティング
  • ■写真撮影
  • ■FLASH制作
  • ■検索エンジン対策(SEO)
  • ■逆SEO対策
  • ■インターネット広告サポート
  • ■ホームページ保守管理
  • ■アクセス分析
  • ■セキュリティ診断
  • ■サーバー設置
  • ■ワードプレス
  • ■ムーバブルタイプ
  • ■オリジナルシステム開発
  • ■ASPシステム開発
  • ■オリジナル買物カゴシステム
  • ■楽天サイト構築
  • ■アマゾン出品
  • ■YAHOOストア構築
  • ■ショップサーブ構築

pagetop