ブログとSNSの使い分け、できていますか?-インテリジェントレーベル

インテリジェントレーベルのスタッフブログ

インテリジェントレーベル公式スタッフブログ- Official Staff Blog -

インテリジェントレーベルのスタッフブログ

ブログとSNSの使い分け、できていますか? 

2018-08-09(木)


SNSがインフラになりつつある今、皆様もいろいろなSNSを活用されていることと思います。

「ブログ、Facebook、Twitter、Instagram…全部使っているけど管理も面倒だし、同じ内容で投稿している!」という方も多いかと思います。

しかし、実はそれぞれのSNSには特徴があり、可能であれば投稿の仕方を分けた方が良いことをご存知でしょうか?
以下に、SNSごとの特徴と、使い分けのポイントをご紹介いたします。


■ブログ
文字数、写真、リンクの設定などにほとんど制限がないため、書きたい内容を全て投稿することが可能です。
また、SNSのように拡散力はありませんが、他のアカウントの投稿で流れてしまうということが無いため、ユーザーが情報をいつでも見返しやすくなっています。
検索エンジン対策にもなるため、キーワードを意識して、文章を作成することがポイントとなってきます。
★文章が長くてもOKなので、ユーザーに有益と思われる内容を投稿する。検索エンジンを意識したキーワードを使う。


■インスタグラム
インスタグラムのポイントは、ハッシュタグと写真です。
インスタグラムを利用するユーザーは「インスタ映え」する写真を好む傾向にありますので、良い写真を選んだり、加工して「インスタ映え」を目指すのが良いかと思います。
また、ハッシュタグ「#」も話題のものや流行りのものを付けることで、多くのユーザーに見つけてもらいやすくなるため、ハッシュタグの選定も重要です。
★写真の見映えとハッシュタグに重きを置いて投稿する。


■Facebook
Facebookは、インスタグラムと比べてユーザーの年齢層が高いので、40代以上の方にもわかりやすい内容で投稿することがポイントです。
国内での利用者数は減少傾向にありますが、投稿に「URLを貼れる」というのもFacebookの強みです。(インスタグラムでは投稿にURLが付けられません。)
★文章の内容をわかりやすくすることを意識する。投稿に自社サイトやキャンペーンページのURLを貼る。


■Twitter
日本での利用ユーザは比較的多いです。140文字という文字数制限がありますが、改行や絵文字などを上手く使えば、投稿を大きく見せることも可能です。リンクの設定も可能です。
ただし、だれもが一言二言の内容でどんどん投稿していくため、自分の投稿も流れやすいと言えます。
固定ツイートやアンケート機能などを使って、なるべく目に留まるような投稿内容にすることが必要です。
★投稿が流れやすいので、機能の使い方や投稿内容を工夫する。



■LINE@
LINEは利用者数が他のSNSと比べて圧倒的に多いため、「トーク」に投稿する内容の開封率が非常に高いです。
しかし、投稿が多すぎると、せっかく友だちになってくれたユーザーにブロックされてしまうリスクも大きいため、
普段の投稿はタイムラインに、クーポンやお得情報などはトークに送信するといった具合で使い分けるのがベターです。
★クーポンやお得情報をトークに送信する。その他の投稿をタイムラインに掲載していく。


ここまで読んでいただいて、いかがでしたでしょうか?
多忙な業務の片手間で全てを更新するのには時間も労力も必要ですし、そんな暇はないという方がほとんどだと思います。

そんなときは思い切って外部の力を借りるというのも一つの手かもしれません。

弊社では、SNS投稿のサポートも行っておりますので、是非お気軽にお問い合わせ下さい。


インテリジェントレーベルのWEBマーケティングの詳細を見る


一覧へ戻る

サービスラインナップ

  • ■ロゴ制作
  • ■WEBデザイン
  • ■コーディング
  • ■レスポンシブデザイン
  • ■スマートフォンサイト制作
  • ■コピーライティング
  • ■写真撮影
  • ■FLASH制作
  • ■検索エンジン対策(SEO)
  • ■逆SEO対策
  • ■インターネット広告サポート
  • ■ホームページ保守管理
  • ■アクセス分析
  • ■セキュリティ診断
  • ■サーバー設置
  • ■ワードプレス
  • ■ムーバブルタイプ
  • ■オリジナルシステム開発
  • ■ASPシステム開発
  • ■オリジナル買物カゴシステム
  • ■楽天サイト構築
  • ■アマゾン出品
  • ■YAHOOストア構築
  • ■ショップサーブ構築

pagetop